除毛とカミソリの選び方 | 美容トピックス

除毛するときに、大きく分けると毛根を引きちぎる抜毛剃毛(ていもう)があります。

剃毛(ていもう)とは、毛を剃ることを指し、毛根を引きちぎる抜毛と違い、肌への負担は少なく、しかも時間も費用もかからず手軽に行うことができます。

剃毛に使うカミソリは肌に合ったものを

剃毛(毛を剃る)時に使うアイテムといえば、カミソリということになりますが、肌への負担は少なく手軽にできるといっても、カミソリ負けなどのトラブルはあります。

そこでカミソリ負けのトラブルを防ぐためにも、肌に合ったカミソリを選ぶことが大切になってきます。
よく使われるカミソリは、大きく2つに分けることができます。

一つは手で剃っていくタイプのT字型をした安全カミソリと言われるもので、もう一つはシェーバーと言われるいわゆる電気カミソリです。
電気カミソリ(シェーバー)は男のヒゲ剃りなどにも使われてたりするものですが、穴の中に毛を引き込みながらカットしていくことで深剃りができます。
しかしその分、皮膚も一緒に切ってしまうこともあり、場合によっては点々と出血してしまったりすることもあります。

電気カミソリ(シェーバー)の落とし穴は、カミソリの刃が表に出ていないので扱いは簡単で安全のような感じがしますが、逆に細かい手加減がしにくいというデメリットもあるのです。

安全カミソリと電気カミソリ、どっちを選ぶ?

安全カミソリにも電気カミソリにも、メリット・デメリットがあります。
手軽で使いやすい電気カミソリ微妙な手加減をしやすい安全カミソリということになります。

T字型の安全カミソリを使うか、電気カミソリを使うかは、両方使ってみて、どちらが自分に合っているかを判断すると良いでしょう。
もし安全カミソリを使って剃ったあと、肌が乾燥したり痒くなったという人は電気カミソリを試してみると良いでしょう。
逆に毛穴がボツボツと鳥肌のように立っている人は、安全カミソリのほうが良いかもしれません。
なぜならば、電気カミソリだと深剃りになるので、ボツオボツした鳥肌のような肌も傷つけてしまうおそれがあるからです。

安全カミソリの刃の替え時

安全カミソリは、使い捨てのものと替え刃式のものがありますが、一般的には替え刃式のほうが刃の質は良いと言われています。
安全コードがついていたり、すべりをよくするコーティングが施されているもののほうが、横滑りして肌が傷つくのを防げるといった点でオススメです。

もちろん毛を剃っていくうちに、刃は欠けてギザギザになりすべりが悪くなってきますので、肌を傷つけるリスクも上がってきます。
また、あまり切れないとついつい力を入れてしまったりして、それで肌を傷つけてしまうこともあります。
ですので、刃はなるべくこまめに替えたほうが肌への負担は少なくなります。

目安としては両腕・両足をひととおり剃り終わったら刃を替えると良いでしょう。
こう言うと、1回使ったら刃を替えないといけないのかと思われるかもしれませんが、カミソリの刃というのはそのぐらい傷むものです。

よく切れる刃で、肌の上を滑らすように剃るのがもっとも肌に負担をかけない毛の剃り方になるのです。

また毛を剃るときは、石けんとか乳液などを塗り、滑りを良くしておくと良いでしょう。