顔の肌、乾燥だけでなく温度にもご注意を | 美容トピックス

「暑さ寒さも彼岸まで」

9月に入り、まだ少し暑い日もありますが、風にも秋の気配が感じられる今日この頃です。
これから季節は秋冬に向かって、だんだんと朝晩は冷え込んでくる季節がやってきます。

気になる冬の乾燥肌

秋の気配を感じるようになると、気になってくるのが冬の乾燥肌です。
資生堂の調査では、女性の肌の悩みのトップ3は次のとおりになっています。

乾燥
毛穴の目立ち
シミ・そばかす

このトップ3の中でも、乾燥は圧倒的トップで、毛穴の目立ちも乾燥と関係があります。

この調査の中で、女性は冬の前後で平均約2.5歳老けたという実感をもっているという結果が出ています。
そして約85%の女性が「肌が乾燥していると老けて見える」と感じていることがわかっています。

冬の肌の冷え

冬は乾燥の季節であると同時に、外気が冷え込んできますので、冷えの季節でもあります。
冷たい空気にむき出しの顔がさらされるわけですから、顔はひんやりと冷やされてしまいます。

冬の肌の乾燥を気にする人が多い一方で、顔の冷えを意識している人は多くありません。
先ほどの資生堂の調査でも、約7割の女性が冷え性を自覚しているのに対し、顔の冷えについては4人に1人は気づいていないという結果になっています。

冬場は、冷たい外気にさらされることにより顔の肌温が体温と比べて低くなりがちになります。
冬場の肌の乾燥に加え、顔の冷えによる血行の悪化が、顔の肌の状態を厳しいものにしています。

冬の血行と肌の状態

冬、顔の冷えにより顔全体の血行が悪くなってくると、顔の肌全体の機能が低下して、クスミ・クマなどの肌トラブルの原因になってしまいます。
冬外気温が下がってくると、体温調節のために顔の血管は収縮をしてしまいますので、お風呂に入ったり、マッサージをしたりと血行を良くするケアも大切になってきます。

顔の血行が悪くなると、それだけで肌が黒ずんで見えますし、毛細血管の流れが悪くなることから、肌の栄養がうまくいきわたらず細胞の機能が低下して乾燥や肌荒れといった肌トラブルも起こってきます。

特に、服を着ておらず外気に直接さらされる顔は、保湿ケアをするだけでなく、顔の冷えに対するケアも大切で、適度にマッサージをしたり、あたためたりすることが顔の肌をイキイキとした状態に保つのに大切です。

さらに、冬に顔が冷えると血行だけでなくリンパの流れも悪くなってしまいます。リンパは肌の新陳代謝で出てきた老廃物を回収しますが、顔を温めてあげることで血行に加えてリンパの流れも良くなり、美しい透明感のある肌が戻ってきます。