髪の毛がよく伸びる時間帯とは | 美容トピックス

髪はいろいろな髪型を演出してオシャレをするためにも、手入れが大切です。
人間の髪の毛は個人差はありますが、だいたい8万本~10万本もあります。

男と女の髪は全然違う

男性と女性ではその髪の寿命が違います。
男性の髪の寿命は3~5年、女性の髪の寿命は6~7年女性の髪の寿命の方が長くなっています。

髪はどんどんと伸びていき、寿命がくると抜けていきます。

よくブラシで髪をとかしたとき、ブラシにからみついた毛の数の多さや、風呂場で髪を洗いシャンプーをしたときに抜けた毛の数をみてびっくりする人もいるかと思いますが、人間の髪の毛は1日に約50本は抜けています。

 

髪の毛は1日にどのぐらい伸びるのか

みなさんはどのぐらいの頻度で美容院や床屋にいくでしょうか?
中には1ヵ月に1度は床屋に行っているという人もいると思います。
1ヵ月に1度床屋に行っているんだとすると、髪の毛は1ヵ月にどのぐらい伸びているのか気になるところです。
髪の毛は1日にどのぐらい伸びるかは、年齢や食生活によっても変わってきて個人差があります。平均的な話をすると、だいたい1日に0.2mmから0.3mm伸びていきます。1ヵ月にすると、だいたい6mmから9mm髪が長くなる計算となります。
人によっては、1ヵ月1cm伸びるとしている人もいますが、まあ1cmだとしても、髪は意外と伸びていないのかもしれません。
ただ個人差がありますので、髪が伸びるの遅い人は5mmぐらい、髪が伸びるのが早い人は1.5cmぐらい伸びる場合もあります。

季節によって伸び方の速さが違う

髪の毛は季節によって伸びるスピードが違います。
髪は夏に伸びるのが速くなります。
髪が伸びるのが早いのが夏ですが、これは夏は気温が高く血管も拡張し、それによって血流が良くあることで、新陳代謝も良くなり体内の細胞の活動が活性化します。
毛根にも髪の材料となる蛋白質などがたくさん運ばれ、毛根の活動も活発になります。
逆に冬は気温が低くなり血管が収縮して血流が悪くなり、新陳代謝も悪くなって、髪の伸びるスピードが遅くなってきます。

季節だけではない、1日の時間帯でも違う髪の伸びる速度

髪の伸びる速度が季節によって違ってくるということはよく言われていますが、実は髪の伸びるスピードは同じ1日の間でも時間帯によって変わってくるのです。

一番髪が良く伸びる時間帯は、午前10時~11時で、その次に良く伸びる時間帯と言われているのが午後4時~6時です。
逆に寝ている間はほとんど伸びません。睡眠時は髪の毛の細胞も休んでいるからあまり伸びないのです。