お腹の冷えにご注意! しっかり対策を | 健康トピックス

寒い季節になると気になるのが冷え性
特に女性は、夜布団の中に入っても、足先や手先などが冷えていて、なかなか温まってこないといった悩みを持っている人も少なくありません。

冬は気づきにくいお腹の冷え

冷えといって最初に思いつくのは、足先の冷えや手の指先の冷えですが、手足以外にもお腹も冷えやすい場所です。
夏場は周りの気温も高くなっていて、手足もそれほど冷たくないので、お腹を触ったときにヒンヤリと冷たいお腹の冷えはわかりやすいのですが、冬場になり、手足が冷えていると、なかなかお腹の冷たさに気づけなかったりします。

そして、お腹の冷えは手足の冷えと違います、
手足の冷えは、末端の冷え性ということになりますが、お腹は内臓から近く、いわゆる内蔵型冷え性と言えるでしょう。
つまり内臓、体の内側から冷えてしまっているので、内蔵の機能が落ち、この内臓の冷えが体にとっていろいろと悪影響を及ぼしてしまいます。

もちろん、体の中に手をつっこんで温度を測定するわけにはいきませんが、内蔵の温度はだいたい37.2℃~38℃が望ましいとされています。
しかし、これが冷えてきてしまうと、お腹を触ったときに、冷たく感じ、お腹が冷えているということになります。

なぜお腹の冷えも男性より女性が多いのか

手足などの冷えで悩む人は、男性よりも女性のほうが多くなっています。これは男性は筋肉質でエネルギー産生能力があるからなどと言われていますが、内蔵の冷えについても女性のほうが男性よりも起こしやすいと言われています。

お腹の冷え性についても、もちろん男女の筋肉量の違いというものがあります。それ以外にも男性よりも女性が多いということについては、女性は子宮や卵巣があることから下腹部がうっ血しやすい体のつくりになっていることが原因と考えられています。

たかがお腹の冷えとは言っていられない

たかがお腹の冷えでしょという人もいるかもしれませんが、お腹が冷えていると、当然内臓での血流が低下します。
これにより免疫力が低下したり、基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくい体・太りやすい体になってしまいます。
またお腹が冷えていると消化機能や肝機能が低下してくるという場合もあります。
その結果、痩せにくい、便秘や下痢を起こしやすい、肌が荒れやすい、疲れやすいといった症状が出てくることもあります。

お腹の冷えを温めてくれるもの

お腹が冷えるという人のために、お腹を温めてくれる商品があります。
お腹を温めるという場合、いろいろな方法が思いつきます。
湯たんぽやカイロ、電気毛布といったものもありますが、使い方を間違えると低温ヤケドをしてしまったりもします。
そこで、湯たんぽでもカイロでもない商品をご紹介します。

『レディウォーマーア へそきゅう』

これは、電子レンジで500Wで30秒ほど加熱したのち、それを直接へその上に乗せて使う発熱球です、
約40℃の状態が20分持続しますので、へそから温かいぬくもりが広がっていき、お腹全体が蒸すように温められていきます、
繰り返し90回使えるので、コスパ的にも優れています。

『あずきのチカラ おなか用』

100%あずきの天然蒸気で、服のうえから下腹部を温めるものです。
使い方は、やはり電子レンジ(500Wで60秒)で加熱します。
こちらは、Tシャツや肌着の上からお腹に乗せま、20分を目安に使用します。
ハートの形をした商品で、面によって温度が違うため、好みで使い分けができます。