頭がいい人は本を読んでいる | 賢脳トピックス
  • 本をあまり読まなくても偉くなっている人はいますし、できる人は忙しすぎて本を読む時間なんてないんだという人もいます。しかし、頭が良いと言われている人の多くはやはり読書家までとはいかなくても、よく本を読んでいる人が多いでしょう

    本を読むからこそ知識が深まる

    本を読むことによって、そこからいろいろな情報を得ることができ、それを自分の頭の中で吟味し、消化して自分のものにしていくことができます。

    本を読まなくても、情報や知識ならネット上に吐いて捨てるほどあふれているから、そこから情報や知識を得ればいいという人もいます。

    情報というと現在ではネットでも多くの情報があふれ、かつネットでは検索ができるというメリットがあります。ネットでの知識や情報量はかなり膨大と言ってもいいでしょう。
    下手をすると、ネットのほうがある専門書よりも詳しく記載されているなんていうこともあります。

    また、読者のために丁寧にリンクを貼っているようなページでは、その都度すぐに関連したページにいって関連情報も閲覧したりできるようになっています。

    ネットから得られる情報は、検索やリンクなど非常に便利になっています。

    本には本の良さがある

    ネットでの情報収集が便利な時代になり、本を読むなんていうのはレトロな感じさえする人がいるかもしれませんが、本には本の良さがあります。

    本を読み進んでいくうちに、そういえばあのことは・・・という場面があるかと思います。
    本であれば、だいたいこの辺に書いてあったんだがと該当する箇所をすぐに見つけることができますが、ネットだとページをかなりスクロールしなければならなかったりします。

    本を読みながら、前に書かれたことも参考にしながら、いろいろと自分の中で熟慮し俯瞰的にものごとを考えていく、ちょこちょこと本に書かれていることをあちこち参考にしながら見直しながらということになると、ネットよりも本のほうが便利になってきます。

    本を読むことのメリットとは

    本を読むことにはいろいろなメリットがあります。
    そのメリットをいくつかあげてみました。

    • 自分の知らない情報や知識を得ることができ、そのことで他より一歩先んじることができることもある
    • いろいろな人が書いた本にふれるこおにより、自分以外の人の考え方が理解できるようになる
    • 物事に対して疑問が深まったり、理解力が向上し、考える力がついてくる
    • 語彙力が増して、いろいろな表現法などが身につくことにより文章力が向上したり、人との会話がうまくなったりする
    • 教養が深まったり、知的好奇心が出てくる

    本は量よりも質

    本はたくさん読みなさい!という人もいます。
    ここのところは人によって意見が分かれるところでしょう。

    本を読む目的という点からいくと、その一つに情報収集のためという目的があります。
    この場合は、できるだけ多くの情報を得たいとか、いろいろな人の考え方を参考にしたいというのであれば、多くの本を読んだり調べたりするというのも一つの考え方ですし、そのほうが良い場合も多いでしょう。

    本を読む目的は、情報収集の他にもいろいろありますが、その中でも本を読むことによって自分の座右の銘となるような感動を得るような本があると思います。
    こういった本は、これと思うものを数冊にしぼり、何回も繰り返して読んでもよいでしょう。

    繰り返し読むことによってはじめて味わいが出てくるということもあります。