しみ・そばかすにオススメの食材 | 美容トピックス

美容と食事は深い関係があります。しっかりとした栄養を摂ることは、美肌づくりにつながります。

今回は、美容食材と言われているものの中から、とくにシミ・ソバカスにオススメの食材をいくつか紹介してみたいと思います。

トマト

トマトは、抗酸化成分であるリコピンが含まれていることで有名です。

リコピンは、トマトの赤い色素成分で、紫外線により発生する活性酸素を除去してくれる強力な抗酸化成分で、その抗酸化力はビタミンEの約100倍と言われています。

美肌のことを考えると、トマトは油で炒めたり、脂質の多い食材と一緒に摂ることがオススメです。

なぜならば、油と一緒に摂ることでリコピンの吸収率がアップするからです。

サラダにドレッシングやアマニ油をかけて食べてもよいでしょう。

トマトには、リコピンの他にも、β-カロテンやビタミンCといった抗酸化成分も豊富に含まれているので、美肌食材の代表選手といえるでしょう。

トマトは、リコピンやβ-カロテンが抗酸化効果を発揮し、ビタミンCがメラニン色素の沈着を予防するので、しみ・そばかす対策に最適の食材といえます。

パプリカ

パプリカには、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンといった抗酸化ビタミンが豊富に含まれています。
活性酸素によってできてくるしみ・そばかすの予防にぴったりです。

パプリカというと、ピーマンの親戚のようなものですが、ビタミンCの量はピーマンの倍以上で、しかも熱に強い性質があります。
β-カロテンもピーマンより豊富です。

パプリカは、油で炒めたりするのがオススメです。

パプリカのビタミンCは熱に強い性質に加え、β-カロテンやビタミンEは、油脂に溶ける性質があるため油で調理するのが良いのです。

パプリカというと、いろいろな色がありますが、赤いパプリカにはカプサイシン、黄色や橙色のパプリカにはゼアキサンチンという抗酸化作用がある色素成分が含まれています。

アスパラガス

アスパラガスも、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンを豊富に含んだ食材です。

しみの原因にもなるメラニンの沈着を防ぐビタミンCが豊富に含まれていて、その他に肌の新陳代謝を活発にするアスパラギン酸が含まれていますので、肌のターンオーバーがスムーズにいき、しみ・そばかすの予防につながります。

スナップエンドウ

スナップエンドウにもビタミンC、β-カロテンが豊富に含まれています。

オススメの調理法は、ビタミンEが豊富なアボカドと一緒に食べたり、ゴマ和えにするとよいでしょう。