オーガニック化粧品の基準はどうなっているのか | 美容トピックス

化粧品を使っていると、『オーガニック化粧品という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
『オーガニック』とは何かというと、「有機の」という意味になります。

有機農法とは

「有機」というと、食品では有機野菜有機農法という言葉があります。
有機栽培の基準はというと、各国いろいろ差がありますが、日本の場合は、有機栽培された野菜などにJAS認定マークがつけられたりします。

日本の有機野菜の認定基準は、過去2年か、農薬も化学肥料も使っていない土壌で栽培されたもので、化学合成農薬や化学肥料は未使用、遺伝子組み換え原料は使っていないというのが有機野菜ということになります。

有機食品のJAS規格に適合して生産が行われているかどうかを登録認定機関が検査をして、その結果、有機野菜と認定されるとなった事業者だけが有機JASマークを貼ることができるのです。

具体的には、『有機農産物の日本農林規格』 、『有機加工食品の日本農林規格』 、『有機飼料の日本農林規格』、『有機畜産物の日本農林規格』 等といった基準が、有機JAS規格として農林水産省から出されています。

オーガニック化粧品とは

化粧品で有機(オーガニック)を考えた場合、食品のようにJAS規格となるような基準がありません。
オーガニックというと、前述したように「有機の」という意味になりますが、イメージ的には商品に、ナチュラルさ(自然さ)、優しさをアピールしたい場合に使われたりします。

日本の有機JAS規格はありますが、これは食品のためのものであって、化粧品は関係ありません。

日本では、オーガニック化粧品の定義のようなものはあるのでしょうか?
あえて言うと、 「無農薬、化学肥料も使っていない有機栽培を行うことで摂れる原料を配合した化粧品といったところになるでしょう。
しかし、はっきりとした定義というものはありません。

欧州では、ドイツ化粧品・医薬韻商工業企業連盟(BDIH)、ECOCERT(フランス)、COSMEBIO(フランス)、ICEA(イタリア)、英国土壌協会(イギリス)の5団体がオーガニック製品と自然化粧品の世界統一基準であるコスモス基準を決めようとあつまり、コスモス基準というものがあります。

コスモス基準は、COSMOSナチュラルはオーガニック成分を使用しなければいけないというルールはありませんが、COSMOSオーガニックは、20%以上がオーガニック成分であるということは最低ラインの必須事項になっています。

日本の場合、オーガニック化粧品の基準はない
残念ながら日本の場合は、『オーガニック化粧品』の基準はありません。
何をもって『オーガニック化粧品』とするのかは、製造販売メーカーに委ねられているということになります.