化粧品の防腐剤で顔の雑菌が増える | 美容トピックス

肌の表面には、皮膚に棲みついている常在菌がいます。

顔の常在菌の数は、皮脂が多く毛穴も大きいことから常在菌が多くいると考えられている小鼻の横あたりになると、1cm四方に焼く60万個となります。

頬の真ん中あたりでは、毛穴が少ないことから小鼻の横ほどはいないにしても、約20万個になります。

しかし、ファンデーションなどの化粧品を使っているとこの常在菌の数が激減してしまいます。

肌には常在菌が必要

常在菌というと、「菌」という文字がつくことから少ないほうが良いというイメージもありますが、実は肌の常在菌は皮膚に棲みつくことによって肌の表面を弱酸性に保って、雑菌などから肌を守ってくれているのです

つまり常在菌が少ないと、雑菌に感染しやすくなり、肌にかゆみが出てきたりしてしまいます。

脂漏性皮膚炎の原因菌ともいわれているマラセチアという酵母に似たカビの一種は、常在菌がいることによって感染しにくいのですが、常在菌が少ないと感染してしまいやすくなります。

常在菌を少なくしているのは化粧品の防腐剤

なぜファンデーションなどの化粧品を使っている人の顔の常在菌が少なくなっているのかというと、ファンデーションや化粧水・クリームといった化粧品に含まれている防腐剤にその原因があります。

 

化粧品にはパラベンなどの防腐剤が配合されていますが、その殺菌力は強く、それを顔に毎日つけているようなものなのです。

そんなことをしていたら、顔の表面の常在菌はほとんどやられてしまいます。

多くの化粧品には、長持ちさせるため、また製品の安定性のためにパラベンなどの防腐剤が配合されていますが、これが顔の常在菌を殺菌してしまうのです。

常在菌が少なくなったトラブルは顔と頭に多い

常在菌が防腐剤などにより殺菌されて少なくなってしまった結果、脂漏性皮膚炎などになってしまうといったトラブルは、顔と頭に多く、それ以外の場所では少なくなります。

これは、顔にはファンデーションをはじめいろいろと化粧品をつけますし、頭はシャンプーやリンス、整髪料といったものをつける一方、それ以外の部位にはあまり化粧品をつけないということに関係していると考えられます。

これと同じように頻繁に洗顔する人は、顔の常在菌を洗い流していることになり、顔をきれいにしようと思って洗顔をしすぎると、かえって顔が雑菌だらけになることになってしまいます。

もちろん、適度に洗顔することは大切ですが、あまり洗顔しすぎるのも考えものなのです。