よく髪を洗いすぎるとハゲやすくなるので、毎日はシャンプーしないほうが良いという話を聞きますが、本当なのでしょうか?

毎日のシャンプーってどうなの?

結論を先に言うと、一般的には毎日シャンプーしてもかまいません。
通常は、1日1回髪を洗えば、毛穴の汚れが落ちますし、分泌された皮脂が変質したり、雑菌が繁殖して頭皮に悪影響を与えるといったことが避けられます。

ただ、髪を洗う頻度は、頭皮の状態によって変わってきます。つまり頭皮の状態によって髪を洗うベスト頻度も変わってくるということです。

頭皮の皮脂分泌がすごく多い人ならば、1日2回、朝と晩に髪の毛を洗っても良いでしょうし、逆に頭皮の皮脂分泌が少なくて汗をかかないといった季節であれば、髪を洗うのは1日おきでも良いでしょう。
さらに皮脂分泌が少ないうえに、あまり外出をすることがなく、髪にホコリや汚れがあまりつかないという人であれば、2~3日に1回髪を洗ってシャンプーするという頻度でも良いでしょう。
要は、自分の頭皮や髪の汚れ具合に応じて、髪を洗う頻度を変えればよいのです。
もちろん、カゼなどで体調を崩しているときは、まずは体を安静にすることが第一ですので、カゼが治るまでは髪を洗う頻度のことは忘れるようにしましょう。

朝シャンよりも夜シャン?

髪をシャンプーする時間はどの時間帯が良いのでしょうか。最近では朝シャンをする人も多くいるようですが、実際のところどうなのでしょうか。
ぶっちゃけた話、それほど気にすることはないと思いますが、強いて言うのであれば、夜シャンのほうがオススメです。

なぜならば、まずは夜にシャンプーしたほうが時間があるために、ゆっくりと手入れできるからです。
朝、これから職場や学校にいかなければならないという時には時間もなく、ゆっくりと手入れできません。夜ならばあとは自宅で寝るだけなので、ゆっくりと髪のお手入れができるのです。

加えて、人間の生理的リズムの問題もあります。人間は、夜10時から深夜2時くらいまでに体を休めると副交感神経が活発に働き、毛細血管の血流が良くなります。すると皮膚が修復されやすくなります。
夜9時ごろに髪を洗って、手入れをしてから休むと、頭皮が修復されて理想的と言えるでしょう。

もちろん、夜勤の仕事の人もいるでしょうし、多忙でそんな夜9時になんか髪の毛を洗えないという人も多いと思いますが、自分の生活リズムにあった時間に洗えば十分ですので、それほど時間にはこだわらなくても良いでしょう。

ただし、時間がないときに髪の毛を洗って、すすぎが不十分のままというのは良くありません。
特に朝、職場や学校に行く前に朝シャンをするという人は要注意で、しっかりとすすぐことを意識しましょう。
すすぎが不十分ですと、シャンプーやリンスの成分が髪に残ったままになり、頭皮が荒れる原因にもなります。
髪を洗ったあとに、髪に強い香りが残っているのであれば、それはすすぎが不十分ということになるので、十分に注意しましょう。