手がかゆい時、かんがえられること | 健康トピックス

手がかゆい時は、いろいろな可能性があります。

一般的なものとしては手湿疹がありますが、その他にも、接触皮膚炎汗疱カンジダ性指間びらん症手白癬掌蹠膿疱症異汗性湿疹金属アレルギーしもやけなどいろいろな可能性が疑われます。

それでは、手がかゆいという時に考えられるものとして、多いものをあげてみます。

手湿疹

手がかゆいという場合には、まずは手湿疹を疑ってもよいくらい症例が多いものです。

水仕事が多い人で、手がカサカサに乾燥したり、プツプツとした発疹ができていたり、赤みが認められ、かゆみを感じる場合は、手湿疹の可能性が考えられます。

手湿疹は、手にふれるものの刺激によって、手の平や手の指に皮膚炎が生じるものです。

症状がひどくなると、皮膚がゴワゴワと固くなってきて、角質が剥がれ落ちたり、出血を伴うひび割れができたりしまいます。

出血を伴うひび割れが生じるようになったものは、進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)と呼ばれたりします。

『手湿疹』は、以前より主婦に多かったことから『主婦湿疹』とも呼ばれています。

手湿疹になてしまう原因としては、炊事など水仕事で使う洗剤などです。さらに雑巾を絞ったり、頻繁にタオルで手を拭くようなことがあると、布との摩擦が原因となって覆ってくる場合があります。

手湿疹になってしまったら

手湿疹になってしまったら、主な原因の一つと考えられる洗剤を低刺激のものに変え、さらに薄めて使用量も少なくするなどの工夫も大切です。
洗剤が手に直接触れないようにするよう注意を払うことが大切です。

洗剤が手に触れないようにするために、ビニール手袋をはめるという方法も有効ですが、ゴム手袋は、逆に手を刺激することになりかねませんので注意が必要です。

水仕事のときは、水の温度にも気を使います。
水の温度が極端に冷たかったり熱かったりすると皮膚に刺激となってしまうので、できるだけぬるま湯で水仕事をするようにします。
また、水仕事後には、ハンドクリームなどを使って手指の保湿をしっかりすることが大切です。

さらに、寒い時期は、防寒用の手袋も有用です。手失神は、寒さによって悪化してしまうからです。

かゆみに耐えられないときは

手湿疹でどうしてもかゆいという場合は、患部を冷やすとよいでしょう。また夜にかきむしってしまう場合は、布の手袋をして寝るとよいでしょう。

接触性皮膚炎

手指に赤みやプツプツとした発疹ができやすくかゆいのだが、水仕事はあまりしないという場合は、接触皮膚炎によるかぶれが考えられます。
ひどくなると皮がむけて、ただれたり、ひび割れたり、あかぎれができたりします。

この場合は、皮膚科専門医でパッチテストなどを行い原因物質を特定するとよいでしょう。