大関昇進の貴景勝関の口上と今後の選択 | 薬剤師トピックス

大関に昇進を果たした貴景勝関が、大関昇進伝達式で口上を述べました。
口上は、大相撲において番付編成会議が開催され、新横綱・新大関が誕生すると、使者が当該力士の元に赴いてその旨を伝えることになっていて、その時に、昇進した新横綱・新大関が、これからの決意表明としての口上を述べることが慣習となっています。

以前から、今まで小さな頃から自分を築き上げてきて大切にしている言葉であり、救われてきた言葉を使った口上にしたいと貴景勝関が話していたこともあり、注目が集まっていました。

口上は、貴景勝関とともに伝達式に臨んだ千賀の浦親方(元小結高見杉)も「すごいいい口上の内容だった」というほど立派なものでした。

貴景勝関の口上

貴景勝関が決意表明をした口上の内容は次のようなものでした。

「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう武士道精神を重んじ、感謝の気持ちと思いやりを忘れず相撲道に精進して参ります」

日本人としては、外国人力士が台頭している中、日本人力士にももう少し頑張ってほしいと思っていたところへ、『武士道精神』という言葉がでてきて、非常によかったと感じました。

武士道精神、勝っておごらず、負けて腐らず、受けた恩は必ず返す人間になりたいという思いもあっての言葉だそうです。
勝負の世界、勝てばすぐに天狗になる者も多いなか、感謝の気持ちと思いやりを忘れずに相撲道に精進して参りますというのは、22歳にして立派な言葉。

貴景勝関の相撲

報道陣に「どんな大関になりたいか」と聞かれたとき、貴景勝関は、「それを言ったら終わってしまうと思う。どんな大関かではなく次の番付を目指したい」と述べていて、はっきりと横綱への意欲を口にしています。

現在の貴景勝関の相撲をみてみると、押し相撲オンリーといった感じです。
押し相撲だけでは、大関はおろか、三役になるのも難しいんじゃないかと言われている中、見事に大関にまでなったのは立派なことです。
押し相撲にこだわり、決まり手のほとんどが押しに関係したものになっています。
背が低いという自分の体型にあっているのが押し相撲ということですが、過去の横綱をみるとほとんどが四つ相撲も取っています。

最近の横綱をみても、押し相撲というイメージの力士はあまりいない。強いて言えば北勝海が押し相撲のイメージが強いが、左四つの相撲も得意としていました。

今後の貴景勝関の選択

白鵬関は貴景勝関に大して、「長くその地位を務めるわけだし、押し1本じゃ厳しい面もある。それなりに四つ相撲も覚えなければ」と、取り口の引き出しを増やすことを求めていて、それに対して貴景勝関は「その通りだと思う」と答えています。

押し相撲オンリーともなれば、つかまってしまえば勝負ありになってしまいますし、横綱ともなれば、大関以上の成績が求められます。
また将来的に年齢を重ねていったときのことを考えると、押し相撲オンリーだと厳しいところもあるでしょう。

一方、最後の最後、千秋楽に自分を信じ切ってとった相撲は、子供のころから磨き上げてきた一点の迷いもない押し相撲でした。

今後は四つ相撲も取り入れていくのか、それとも大関をもぎとることにもなった押し相撲にさらに磨きをかけていくのか、今後の貴景勝関が楽しみです。
いろいろな決まり手ができる技のデパートみたいな取り口ができる横綱も面白いですが、愚直に押し相撲オンリーで横綱というのも、前代未聞の狭き門でありながら、もしそうなったらそれはそれで素晴らしいことでしょう。

マーケティングにも通じる貴景勝関の選択

貴景勝関の選択は、四つ相撲も覚えていくのか、押し相撲をさらに極めていくのか、それは貴景勝関が選択していく問題ですが、これは商売・マーケティングにもつながっていると思います。

時代の流れか、最近は薬をコンビニで売るようになったり、ドラッグストアで処方箋薬はもちろん日用雑貨が売られ、回転ずしチェーンがハンバーガーを出したり、とにかく集客できるようなところに幅広くパイを広げていく、人口減少が続くなか、少しでも大きなパイに群がり、それを奪い合っていくような社会になってきています。

一方で、うちの店はこのメニューしかありませんと、一つのメニューだけで勝負をしている店もあります。
どちらもそれなりに成功しているのでしょうが、なんか相撲の取り口の選択をどうするのかということにも似ていて難しくもあり面白くもありといったところでしょうか。