肩こりや腰のハリ、マッサージでは根本解決にならない | 健康トピックス

多くの人が肩こりや腰のハリを経験したことがあると思います。

そんな時、家族や友達にちょっと肩を揉んでもらったり、腰をさすってもらったり、要するに肩や腰をマッサージしてもらう人も多いかと思います。

肩や腰をマッサージしてもらうと、その時はすごく気持ちよくて、しばらくの間は症状が治まりますが、しばらくするとまた肩がこってきたり、腰がはってきたりしてしまいます。

なぜ肩がこったり、腰がはったりするのか

肩がこったり、腰がはったりするのは、運動をしたことによる筋肉痛などがありますが、特にこれといって運動もしていないんだけど肩がこったり、腰がはるという人は、体の姿勢が悪いことが原因している場合が多くあります。

なぜ体の姿勢が悪くなってくるのかというと、筋力が低下することにより、体の重みや骨を支える筋力が足らなくなり、少ない筋力で重みを支えようとするあまり、その筋肉に負担がかかり疲れてこわばってしまい、血液やリンパの流れも悪くなってしまうのです。

肩や腰をマッサージしても、一時的に物理的にマッサージすることでそこに停滞していた血液やリンパを外からの力で押し出しているだけです。
停滞していた血液やリンパを押し出すことで一時的には血液の流れやリンパの流れが良くなるので、こわばりの症状も軽くなり症状が良くなってきます。

しかし、姿勢が悪いという根本原因は解決していないので、また時間とともに同じように肩がこったり、腰がはったりしてきてしまいます。

弱っている筋肉をみつける

たとえば、背筋をピーンと伸ばした姿勢をして、数分その姿勢をキープしてみてください。
数分もすると、どこかの筋肉に疲れを感じたりしてしまうものです。その疲れを感じた筋肉がまさに筋力が弱くなっていてコリやハリが出やすい部分・筋肉なのです。

肩こりや腰がはっているときにマッサージは良いのか?

肩こりや腰がはっているときにマッサージをしてしまって良いのかについては、ダメではないが根本的な解決にはなりません。

運動による一時的なものであれば、マッサージだけでも改善しますが、悪い姿勢からきている場合は、悪い姿勢を正さなければなりません。

もちろん、マッサージすることにより、血液やリンパの流れが良くなり、一時的にこわばりも軽減されるので、マッサージすること自体は悪いことではありませんが、それで治るというものではありません。筋力の低下をなんとかする必要があるのです。

整体師でズレを治しても、すぐにもとに戻ってしまう

よく整体師にいってズレを治してもらったのだけど、しばらくは良かったんだけど、2週間もするとまた同じようになってしまったという話を聞きます。
整体で背骨のズレを治すのも、施術を受けた直後は、確かに正常になっています。しかし、骨格を支えるための筋力が弱いと、またもとに戻ってしまうのです。
だからこそ、きちんとした日頃からの筋トレも大切になってくるのです。