同じ葛根湯なのに分量が違う? 日本と中国の葛根湯は違う? | 薬剤師トピックス

漢方薬で一番有名な処方というと、多くの人が『葛根湯』をあげるのではないでしょうか。
認知率が高いということもあり、葛根湯は多くのメーカーから製品が出ています。

葛根湯は製品によって成分分量が違う?

ところが、葛根湯はメーカーによって成分分量が違っているのです。
漢方薬と言えば、傷寒論などに基づき、中国の長い歴史の中で処方が決められてきたものであり、ましてや葛根湯などのメジャーな処方であれば、どの製品も成分分量は同じと思ってしまいます。

日本薬局方でも4パターンもある葛根湯

葛根湯は日本薬局方にも収載されていますが、この日本薬局方に収載されている葛根湯だけでも、4つのパターンがあります。
葛根湯を構成している生薬は7種類あるのですが、桂枝湯に使われている5生薬に該当する桂皮・生姜・芍薬・甘草・大棗に加え葛根・麻黄が配合されています。

同じ葛根湯でも、クラシエの葛根湯とツムラの葛根湯では処方が違っています。
そんなに処方内容が違っているんだったら、効能効果に大きな差が出てくるのではないかとも考えられますが、実際の治療効果にはそれほど大きな差はないと考えられています。

処方1 処方2 処方3 処方4
葛根 8.0g 4.0g 4.0g 4.0g
麻黄 4.0g 4.0g 3.0g 3.0g
桂皮 3.0g 2.0g 2.0g 2.0g
生姜 1.0g 1.0g 2.0g 1.0g
芍薬 3.0g 2.0g 2.0g 2.0g
甘草 2.0g 2.0g 2.0g 2.0g
大棗 4.0g 3.0g 3.0g 3.0g
全量 25g 18g 18g 17g

日本薬局方どおりではない処方も

日本薬局方で示されている4つのパターンどおりに処方されているものは、「満量処方」と呼ばれているものです。

しかし、漢方薬は副作用を減らす目的などで生薬の分量を減らしたり、抽出したエキスをすべて薬に使わなかったりすることがあります。

こういった処方は、減らした割合によって、3/4処方とか、1/2処方といった言い方をされたりしています。

葛根湯の場合は、もともと日本薬局方に示されているパターンが4パターンもあり、さらに満量処方の他にも3/4処方や1/2処方が存在すると、実際には同じ葛根湯でも、かなりの種類のものが存在することになります。

生薬が多ければ良いとは限らない

漢方薬は、いわゆる西洋薬とはちがい、植物や動物といったさまざまなものを原料としています。
これを乾燥・抽出しているのであり、天然のものには含まれる有効成分の量がその産地や生育状況、時期などによっても個体差がでてきてしまいます。
加工の工程でも違いがでてきます。
実際に、西洋薬がmg単位で大きく薬効薬理が影響してくるのに対し、漢方薬の場合は、配合されている生薬のgにそこまでこだわる必要もないと言えます。

日本の葛根湯は中国の葛根湯と違う?

結論をいうと、日本の葛根湯と中国の葛根湯では、大きく異なっています。
構成生薬は同じですが、配合量が違っています。

これは、日本と中国では、気候などが大きくことなり、また生薬の抽出に使う水が、中国は硬水なのに対し、日本は軟水であることなどからきています。