飲み会で男がコロッとだまされてしまう女のテクニック | 薬剤師トピックス

職場の飲み会、仲間同士での飲み会など、お酒の席もいろいろとあります。

そんな中、あの人のこともう少し知りたいなと思うような男性、あの人とあまり話したことがないけど近づきたいなと思う男性、なかなか素を見せてくれないけどもう少し打ち解けたいなと思う男性がいるという女性の方もいるかと思います。

そんな時、お酒の力というのは便利なもので、酔った勢いで話しかけてみるなんていうこともいいでしょう。

そんなこと言っても酔えないという女性

しかし、そんなこといってもお酒に強くてなかなか酔えなかったりする女性もいます。
なかなか酔いが回らず、しらふのまま。

さすがに、どうもしらふのままじゃ言いたいことも言えないし、酔っていないから、お酒で酔っていたという免罪符も使えない。

まさか、化粧室にかけこんで、あわてて?紅をぬって酔ったフリなんて、白々しくてそんなことできないよとなってしまいます。

これではせっかくの飲み会も、お酒の力を借りてというわけにもいきません。

そこでとっておきの方法があります。

私、酔うと体に触れたくなっちゃうの

飲み会がはじまった頃、話しをしてみたい男性にさりげなくひと言、こう言うのです。

私、酔うと○○○になっちゃうの

○○○は、例えば、

眠くなっちゃうの
ボディータッチしたくなっちゃうの
笑い上戸になっちゃうの

といった具合のことを言っておけばいいのです。
要は、かわいらしくて女性らしい仕草が良いでしょう。

間違っても、
酔うと私、裸踊りしたくなっちゃうの!
みたいなことを言うと逆効果です。

引かれてしまうのがオチでしょう。

そして、宴もたけなわ、盛り上がってきたときに、その男性の前でどとめのひと言を言うのです。

「ああ、なんだか私、眠くなってきちゃった」
事前に、酔うと眠くなるという言われている男性は、ああこの人酔ってきてるんだなと思ってくれます。

そうすると、意外にも男性は警戒感を解き、心のうちを話してくれたり、会話がしやすくなります。

男性は意外と単純ですので、この方法を使えば、たいていの男性は、酔ってしまっているんだなと勘違いするようです。

別に化粧室で?紅を塗ることも、大根役者のように酔ったフリの下手な三文芝居をする必要もありません。

男はウルトラマン

よく、男はウルトラマンだといいます。

弱いものを守るんだという使命感があり、目の前で「ああ、なんだか私、眠くなってきちゃった」といって酔っている女性をみると、どうにかしてあげたいと思ってしまうところがあるのです。

ほとんどの男性が、あなたにやさしく話しかけてくると思います。

そこで、会話がはずみ人間関係が構築できれば幸いです。

ただ万が一、相手の男性がこのテクニックを知っていて、来たな!と思っていると、お互いに牽制し合うだけで終わってしまう可能性もありますので、あくまでも実行は自己責任のもとでお願いします。