グレープフルーツの香りで、脂肪燃焼? | 美容トピックス

グレープフルーツというと、ジューシーなフルーツで、ジュースなども少し苦味がある甘味がとても美味しい柑橘類です。

実はこのグレープフルーツの香りが、ダイエット・脂肪燃焼に効果があるのではと言われています。

グレープフルーツの香りとは

グレープフルーツの香りは、アロマテラピーなどでも使用されている香りです。

リフレッシュ感があふれる香りは、すっきりとした満ち足りた感覚にしてくれます。

この香りの中に、ダイエット・脂肪燃焼に効果的な香りがあるというのです。

グレープフルーツの芳香成分とは

グレープフルーツのエッセンシャルオイルに含まれている成分で、圧倒的に一番多いのは、モノテルペン類のリモネンです。

リモネンは、甘酸っぱい香りがある成分です。

そしてそれ以外ではやはり同じモノテルペン系化合物のβ-ピネンやβ-ミルセンがあります。そして、アルデヒド類としてシトラールやシトロネラールという成分があります。

しかし、脂肪燃焼効果があると言われているのは、これらの成分ではなく、ケトン類に属するヌートカトンという成分です。

なぜグレープフルーツの香りはダイエット・脂肪燃焼に有用と言われるのか

グレープフルーツの香りがダイエットや脂肪燃焼に有用な香りと言われるのは、グレープフルーツのエッセンシャルオイルに微量に含まれているヌートカトンという成分によるものです。

含有量は非常に微量な成分で、どちらかというと苦さが感じられる香りで、グレープフルーツの香りは、リモネンの甘酸っぱい香りに、ヌートカトンの苦さが感じられる香りがまじりあって、独特の香りになっています。

ヌートカトンには、自律神経の活動をコントロールする交感神経を刺激する働きがあるとされていて、交感神経が刺激されて活発になることで、脂肪燃焼を促すと言われているUCPと呼ばれている脱共役タンパク質がたくさん産生されるようになることで、脂肪燃焼効果がアップし、ダイエットにもつながるとされています。

したがってグレープフルーツの皮やアロマオイルの香りをかいでヌートカトンを体内に取り込むと、脂肪燃焼率アップの効果を得ることが期待できます。

グレープフルーツの「ヌートカトン」の脂肪燃焼促進効果って信じていいの?

さて、この手の話ならいくらでも聞いたことがあるし、特にダイエットに絡んだ話だと、まゆつばものの話も多いでしょう。

本当に香りを嗅いだだけでそんな効果があるの?

あなたがそう疑問に思うのも無理のない話です。

実際に、ヌートカインが脂肪燃焼促進効果があって、ダイエットに対して期待できるのかというと、はっきり言うとその効果のエビデンスはありません。

つまり、効果があるとも言えませんが、無いとも言えないのです。

ただ1つ、食事誘導した肥満マウスを用いた実験が行われていて、ヌートか㌧がエネルギー消費量を増加させて、内蔵脂肪蓄積を抑える抗肥満作用があることが証明されています。

しかし、これはマウスを使った動物実験の話ですので、作用機序としてはヒトにおいても脂肪燃焼を促進させてダイエットにつながる効果が期待できると言えますが、実際のグレープフルーツのアロマの中では、ヌートカトンは微量成分であり、どれほどの効果がヒトで期待できるのかといったところは、まだよくわかっていないというのが現状です。