内 容

体幹リセットダイエットのポイント

体幹リセットダイエットは、1日に1分のエクササイズを5種類、つまり合計5分行うだけでOKなのです。

1日にたった5分で、痩せられるものなのかと疑心暗鬼になる方もいるかと思いますが、体幹リセットダイエットを行った多くの方が、実際に痩せたとか、体がしぼれたというこをと言われています。

 

普通、運動でダイエットというと、エクササイズを行い、エネルギーを消費して痩せていくというイメージがあります。
しかし、体幹リセットダイエットは、普段使っていない筋肉を鍛えるエクササイズを行うことで、効率よく代謝が良い体になっていき、太りにくくなります。
普段使われていない筋肉が使われることで、エクササイズをしていない時間でも、消費カロリーが増えていくというわけです。

 

エクササイズというと、多くやればいいとがんばっちゃうひとがいますが、エクササイズによる刺激に体が慣れてしまうと、代謝が落ちていってしまい、かえって痩せにくくなってしまうので、効率が悪くなります。
最初は毎日、2ヵ月目からは週に3回で良いとされています。

食事はきちんと

ダイエットというと、エクササイズつまり運動とともに、食事を減らす食制限をするという人もいますが、食事はしっかりと3食、抜くことなく食べることが大切です。
食制限をして、十分な栄養素が足りなくなってしまうと筋肉量が落ちて、基礎代謝があがらず、代謝が悪くなり太りやすい体になってしまいます。

体幹リセットダイエットのやり方

それでは、体幹リセットダイエットのやり方について、説明していきます。
体幹リセットダイエットは、1日に1分のエクササイズを5種類、つまり合計5分行うだけでOK。
ダイエットのエクササイズというと、頑張りすぎてしまったりしがちですが、大切なことkは、体幹リセットダイエットのエクササイズは、筋力を鍛えるものではなく、動き方を覚えるものであるから、力をいれてというものではありませんので無理は禁物です。

 

 

それでは、5つのエクササイズについて、ポイントをまとめた簡単な動画をご覧ください。

文章によるやり方解説(体幹リセットダイエット)

念のため、動画の内容を簡単に文書でもまとめてみましたので、文章でみたい方はご参考にしてください。

エクササイズ1(骨盤から背筋をリセットするエクササイズ)

 

1.うつ伏せの状態になって、両手を頭の後ろに当てます。
2.上半身をみぞおちを浮かせるように持ち上げて、顎を引きます。
  力んで顎をあげないことがポイント
3.次に足を軽く浮かせて、背中を反らします。

 

これでベースポジションができあがりました。

 

4.ここから足を閉じるようにして10秒かけて内側に押し合います。
5.続いて、左右の足をクロスさせて、外側に開くように10秒かけて押し合います。
6.閉じる10秒、クロス10秒を交互に3セット繰り返し、およそ1分で終了
これにより、骨盤のクセが修正されていきます。

 

エクササイズ2(ヒップアップをはかるエクササイズ)

 

1.うつ伏せになって両手の上に顎を乗せます。
2.足首同士をクロスさせるように組んで、そのまま膝を外側に大きく開きます。
  このとき、左右の膝が近すぎるのはダメ
3.この状態で太ももを上に6秒間浮かせます。1cmでも太ももが浮いていればOKです。
しゃべっていられる位の負荷でよい。
4.浮かす6秒を10回繰り返し、およそ1分で終了
これにより骨盤周りの筋肉が刺激されます。

 

エクササイズ3(肩甲骨を下げるエクササイズ)

 

1.背筋をまっすぐにして椅子に座ります。
2.両手で椅子の淵の部分を持ちます。
3.その状態で片側のお尻と足を3秒浮かせます。
  この時、しっかりと胸を張って、肩は左右に動かさないようにします。
  少しでも足が浮いていればOKです。
  あげすぎはダメ。「紙、踏んでるよ」と言われて、「あっ、ゴメン」といってお尻を浮かせたイメージ
4.10回連続同じ側の足を浮かせ、続けて逆の足も10回連続で行います。
これにより肩甲骨の動きに柔軟性がでてきます。

 

エクササイズ4(胸からお腹をリセットするエクササイズ)

 

1.椅子に座り、背筋を伸ばしたまま状態を前に倒していきます。
2.両肘をつかんで、そのまま膝の上に乗せます。
3.その腕を上にグーンとあげて、頭の上に通して耳の後ろまで持っていき、そのまま6秒間キープします。
  この時、背筋はまっすぐに保ったまま行います。
4.これを10回繰り返し、およそ1分で終了

 

エクササイズ5(全身のバランスを整えるエクササイズ)

 

1.足を肩幅に開いてしゃがみます。
  ジャンケンのグーをイメージして、全身を小さく丸め込みます。
2.両手は足の前において、かかとは浮かないようにします。
3.3秒かけて全身を一気に上に伸ばします。
  このとき足はつまさき立ちで、両腕はバンザイをするように伸ばしていきます。
4.再び3秒かけてしゃがみ、もとの姿勢に戻します。
5.この動作を10セット行い、合計1分間行います。

 

エクササイズのコツ

エクササイズを行う時間は、1日のうちで好きな時間でかまいません。
5つのエクササイズは1つ目から順番にきちんと行っていくようにします。

 

簡単そうに見えますが、普段つかっていない筋肉を使うので、意外と難しく感じたりします。
しかし、だんだんと慣れていきやりやすくなっていきます。

 

エクササイズを行うと、体幹のバランスがとれ、顔や肩の位置が後ろになります。

関連ページ

体幹を鍛えるダイエット法の書籍紹介
体幹を鍛え、基礎代謝をあげるダイエット法に関する書籍をご紹介します。