内 容

隠れ糖尿病、食後の血糖値は大丈夫?

「糖尿病が強く疑われる者」は約1,000万人ほどと推計されていて、増加しています。
さらに「糖尿病の可能性を否定できない者」も約1,000万人いると推計されています。

 

健康診断などで糖尿病と診断されなくても、最近では『隠れ糖尿病』という言葉があるように、食後に血糖値が上昇する状態も、健康によくないということで話題になっています。

隠れ糖尿病が悪いと言われる理由
なぜ、『隠れ糖尿病』が良くないのかというと、血糖値は、上昇しすぎると血管を傷つけて、さまざまな心血管系の病気につながってしまいます。

 

病院や健康診断では、ほとんどが空腹時に採血をして血糖値を測定しています。
これにより糖尿病かどうかを診断しているのですが、実は空腹時に血糖値が上がって糖尿病と診断される段階では、糖尿病は進んでいる状態といえます。

 

軽症の場合は食後2~3時間程度血糖値が上昇しているケースがあり、これは糖尿病の診断からもれてしまう場合があることから『隠れ糖尿病』とも呼ばれています。

 

簡易的に隠れ糖尿病を見つける方法

放置すると糖尿病と診断される状況になっていまう「隠れ糖尿病」は、できれば早期発見して対策をたてたいところです。
もちろん、医療機関で『隠れ糖尿病』を見つけるための検査をするのが一番ですが、できれば簡単に大雑把でいいので目安になる指標はないのかということになります。

 

血糖値であれば、病院やクリニックで採血をしてもらったらい、専用の血糖測定器などで測るという方法がありますが、糖尿病でもない人が血糖測定器を購入して指を針で刺して血糖を測るなどということは現実的ではありません。

 

そこでもっと簡単に尿糖チェックによって、チェックする方法があります。

 

尿糖試験紙による判定目安は

食後2時間ぐらいたってから尿を採り試験紙にかけるだけで測定OKです。
血糖はある程度の数値(160~180mg/dl)を超えると尿中に出てくるため、食後の尿糖を測り、試験紙が反応して尿糖が出ていれば、食後高血糖である可能性があるというスクリーニングになります。

 

たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ

食後の血糖値を下げるのに有効な手段として、運動があります。

 

しかし、現代人はいろいろと忙しく、じっくりと運動をしてる時間なんかないという人もいると思います。
そこで、金スマでも紹介されていた、『たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ』をご紹介します。

 

このエクササイズを食後に行うことで糖尿病予防や血糖値改善に有用であるとされています。
たった5分のエクササイズで、1時間のウォーキング、15分間のジョギングに匹敵する運動になっているので、時間がない人にもオススメです。

このエクササイズは、身体の構造と仕組みを理解しサポートを行うトレーナーであるフィジカルトレーナーとして活躍している米国スポーツ医学会認定運動生理学士でもある中野ジェームズ修一氏が考案されたもので、実際に、食後にこのエクササイズを行い、食後の血糖値の上昇が抑えられ糖尿病予防や血糖値改善につながるという研究報告も行なわれています。

 

用意するもの
背もたれのある椅子を2つ

 

たった5分、5つのエクササイズを行います

  1. 屈伸体操
  2. 片足曲げ体操
  3. もも上げ体操
  4. 沈み込みもも上げ体操
  5. 屈伸もも上げ体操

 

たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ動画解説

たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズについて説明してきましたが、わかりやすく動画にまとめてみました。

 

 

 

 

屈伸体操

  1. 2つ椅子を用意して両脇に置き、椅子の背もたれを両手で持ちます。
  2. 後ろ側に椅子があると思って空気椅子をする要領で腰を落としていきます。
  3. これを20回繰り返します。

ひざは外側をむいてるようにするとひざを痛めにくいです。
深く沈み込めば込むほど負荷がかかりますが、無理しないことが大切です。

片足曲げ体操

  1. 2つ椅子を用意して両脇に置き、椅子の背もたれを両手で持ちます。
  2. 足を前後に開きます。
  3. 下に沈むように腰を落としていきます。
  4. これを10回行い、左右の足を入れ替えて逆の足も10回、左右合計20回行います。

もも上げ体操

  1. 2つ椅子を用意して両脇に置き、椅子の背もたれを両手で持ちます。
  2. 右足を前にして左足を後ろにします。
  3. 後ろの足をグッと持ち上げます。
  4. 元の位置に戻します。これを10回繰り返します。
  5. 左右を入れ替え、左足を前にして右足を後ろにし同様に10回、左右合計20回行います。

沈み込みもも上げ体操

  1. 2つ椅子を用意して両脇に置き、椅子の背もたれを両手で持ちます。
  2. 右足を前にして左足を後ろに下げます。
  3. そのまま深く沈みこんでからもも上げをします。
  4. 元の位置に戻します。これを10回繰り返します。
  5. 左右を入れ替え、左足を前にして右足を後ろにし同様に10回、左右合計20回行います。

屈伸もも上げ体操

  1. 2つ椅子を用意して両脇に置き、椅子の背もたれを両手で持ちます。
  2. 足を横に開いて下に沈み込んでいきます。
  3. 立ち上がってももを上げて反対の手でタッチします。
  4. 元の位置に戻ってまた沈み込みます。
  5. 先ほどの足と逆のももを上げて反対の手でタッチします。これを左右合計で20回行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
腰痛を劇的に改善する珍体操
股関節がスムーズに動かないことで腰に負担がかかって起こる股関節腰痛のチェック法、改善法について解説します。
ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
健康経営の考え方
少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
ヒザ裏を伸ばしてヒザ痛・腰痛に効くエクササイズ
ヒザ痛や腰痛に悩まされている人は、その原因がヒザ裏の固さにある場合があります。前屈して手が床につかない人は、特にヒザ裏をやわらかくすることが大切です。
お尻歩き・お尻ぐりぐりで骨盤矯正し体をやわらかく
体が柔らかい人の多くは、血管年齢が若いことが判明しています。体が固い場合は、骨盤がずれていたり、骨盤のまわりが固くなっている場合が多いのですが、お尻歩きやお尻ぐりぐりをすることで柔らかくすることができます。その方法をご紹介します。
スタンフォード式疲労回復法
IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。
内臓の疲れをとるおなかもみ上げ
内臓が疲れてくると姿勢が悪くなり体全体も疲れやすくなってきたり、質の良い睡眠がとれなくなってきたりします。内臓の疲れをとる方法の一つとして話題になっている『おなかもみ上げ』について簡単に解説してみました。