内 容

熱中症予防には手のひらの冷却が効果的

暑くなると問題になってくるのが熱中症です。
今回は、熱中症を効果的に予防する一つの方法として、手のひら冷却をご紹介します。

 

この方法は、ペットボトルと水があればできる簡単な方法です。

熱中症の予防として、暑くなったと感じた時、体を効率的に冷やすために、首の横・脇の下・鼠径部などを氷枕や保冷剤で物理的に冷やすということが行われてきました。

 

これらの部分には、比較的表面に近い部分に大きな動脈が通っているので、この部分を冷やすことにより、体の深部体温が早く冷やせるということから、推奨されてきました。

ところが、首の横・脇の下・鼠径部などを冷やすよりも、もっと効率的に体の深部体温を下げる場所として、手のひらなどが注目されてきています。

 

最近では熱中症予防のために、手のひらを冷やすということがよく行われるようになってきているのです。

 

手のひらを冷やすことがなぜ効率よい熱中症予防につながるのか

それでは、どうして手のひらを冷やすと、深部体温を効率的に冷やすことができるのかをご説明します。
手のひら・指や耳、鼻の先、唇などには、毛細血管を介さずに、血管動詞が直接連絡している動静脈吻合(ふんごう)と呼ばれる構造があります。

 

つまり、指の細動脈と細静脈が毛細血管を通らないバイパスのような感じで、皮膚の表面近くでつながっているのです。

私たちは、暑くなってきて体温が上昇してくると、体の外に熱を逃がさないといけなくなってきます。
このときに活躍するのが、この静動脈吻合なのです。

 

暑くなってくると、この動静脈吻合が開かれ、血液が細動脈から細動脈へと一気に流れ込み、体の深部から血液によって運ばれてきた熱は、体の表面に近い指などの動静脈吻合から放散されていきます。

 

この時、手のひら・指が冷やされていると、よりその冷たさにより体の深部にたまった熱が効率的に放散されていくのです。

 

冷たく冷やせば冷たくj冷やすほど良いというものではない

手のひらを冷やすといっても、15℃ぐらいがちょうどよく、水がぬるければ冷却効率が下がってしまいます。
それなら冷たければ冷たいほど良いかというと、そうではありません。

 

なぜならば、冷たすぎると、今度は静動脈吻合が閉じてしまい、血液が流れなくなってしまい冷却効率が下がってしまうからです。

深部体温を冷やすのであれば、約15℃の水がはいったペットボトルを手で握るとよいでしょう。
冷蔵庫から出したペットボトルの水は、5℃ぐらいになっていますので、冷蔵庫から出してしばらく置いてから使うと良いでしょう。

 

なお、このほうほうは、あくまでも熱中症予防のための深部体温を下げるためのものであり、水分補給や塩分補給が必要なのはもちろん、熱中症になってしまってからではあまり効果はなく、適切な処理が早く行うことのほうが必要になってきます。

熱中症予防で重要なのは、脱水状態にいかに気づくか

熱中症を予防するには、脱水状態にならないことが重要ですが、脱水状態にならないための経口補水液もいろいろと市販されています。

 

夏暑さが厳しくなってくると、炎天下だけでなく、室内でも熱中症になる人がでてきます。
室内や車内で冷房を入れていたにもかかわらず熱中症になったという例もあり、気づかない間に起きてしまっている脱水状態にいかに気づくかということが大きなポイントになってきます。

 

特に、年配の方になると脱水状態に気がつきにくくなる傾向があるため、周りもいかに脱水状態に気づいてあげるかということが大切になってきます。

 

脱水状態の見分け方

脱水状態は、なんとなく体調が悪くて、次の事項が1つでも当てはまるようでしたら、脱水状態も疑い、脱水対策をする必要があることもあるので注意しましょう。

 

  •  握手をしたとき手が冷たくなっている
  •  親指の爪を白くなるまでギュッと押してから離した時、元のピンク色に戻るまで3秒以上かかる
  •  手の甲の皮膚を引っ張り、元の状態に戻るまで3秒以上かかる
  •  舌の表面がザラザラしていたり、赤黒い色になっている

     

    経口補水液の作り方

     

    経口補水液は市販されていますが、もし家にいて市販の経口補水液がない場合は、家にあるもので簡単につくることができます。

     

    【材料】
    水 :1L
    塩 :小さじ0.5 ( 3g)
    砂糖:大さじ4.5 (40g)
    レモン1/2(搾り汁)

     

    コップ1杯分を30分かけてゆっくり飲み、作ったその日のうちに飲むようにします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 関連ページ

    のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
    健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
    認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
    認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
    雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
    健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
    加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
    ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
    腰痛を劇的に改善する珍体操
    股関節がスムーズに動かないことで腰に負担がかかって起こる股関節腰痛のチェック法、改善法について解説します。
    ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
    ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
    健康経営の考え方
    少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
    ヒザ裏を伸ばしてヒザ痛・腰痛に効くエクササイズ
    ヒザ痛や腰痛に悩まされている人は、その原因がヒザ裏の固さにある場合があります。前屈して手が床につかない人は、特にヒザ裏をやわらかくすることが大切です。
    お尻歩き・お尻ぐりぐりで骨盤矯正し体をやわらかく
    体が柔らかい人の多くは、血管年齢が若いことが判明しています。体が固い場合は、骨盤がずれていたり、骨盤のまわりが固くなっている場合が多いのですが、お尻歩きやお尻ぐりぐりをすることで柔らかくすることができます。その方法をご紹介します。
    スタンフォード式疲労回復法
    IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
    肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
    多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
    脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
    桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。
    内臓の疲れをとるおなかもみ上げ
    内臓が疲れてくると姿勢が悪くなり体全体も疲れやすくなってきたり、質の良い睡眠がとれなくなってきたりします。内臓の疲れをとる方法の一つとして話題になっている『おなかもみ上げ』について簡単に解説してみました。
    たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ
    金スマでもご紹介されていた『たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ』のやり方について解説します。
    尿酸値が高めの方の『尿酸サポート』
    尿酸値が高いと痛風になったり、慢性腎臓病などのリスクを高めてしまいます。そこで尿酸値が高めの方にオススメの機能性表示食品である『尿酸サポート』をご紹介します。