内 容

インフルエンザ・ノロウイルス・風邪の治癒

インフルエンザノロウイルス風邪などの多くは安静に寝ていれば治りますがが、中には重症化するケースもあります。
インフルエンザノロウイルス風邪などの感染症は、感染して症状が出てくるつらいものがあります。

でも、風邪などは放っておいてもいずれは自然治癒力によって数日で自然に治っていくものです。

 

インフルエンザにしても健康成人であれば、3~4日も安静にしていれば回復していきます。
しかし、中には重症化して、肺炎や脳症につながる合併症を引き起こすケースもあり、免疫力が低下している高齢者や子供は特に注意が必要です。

インフルエンザ・ノロウイルス・風邪の予防

dancedance

感染症の予防の基本は、細菌・ウイルスを体内に入れないことです。

 

そのためには、手洗いやこまめなうがいなどが有効で、体についたウイルスを洗い流すことが有効です。
体の免疫力を保つためにも、部屋の温度を適正に保ち、睡眠や栄養をたっぷりとることも大切です。

ウイルスが入ってくる経路を絶て!

インフルエンザ・ノロウイルス・風邪の一番の予防は、細菌やウイルスを体内に入れないことですが、それでは細菌やウイルスはどのような経路で体内に入ってくるのでしょうか。
敵の進入ルートを確認し、そこに対する対策が重要になってきます。

 

インフルエンザ

インフルエンザの場合は、主な感染ルートは飛沫感染です。
インフルエンザの人がくしゃみや咳をしたとき、唾などの飛沫と一緒にインフルエンザウイルスも放出され、それを口や鼻から吸い込むことで感染していきます。
学校や満員電車など人が多く集まる場所で感染のリスクが高まります。
また、インフルエンザは接触感染によっても感染します。
インフルエンザの人が鼻をかんだ手でドアノブや手すり・つり革などを触り、それらを触った手で口や鼻の粘膜を触るとそこから感染していきます。

 

風邪

風邪(主にライノウイルス)の場合は、風邪をひいている人の咳やくしゃみで空中に飛び散ったウイルスを介して感染する飛沫感染の場合もありますが、多くは、風邪をひいている人が鼻を触った手などでドアノブ、エレベーターのボタン、電話、つり革、手すりなどいろいろなものに触ることで、そこにウイルスが付着し、別の人がそこに触ることで触った人の手にウイルスが付着します。その手で口や鼻を触ると粘膜からウイルスが感染していくルートが感染の主なルートです。

 

ノロウイルス

ノロウイルスは、経口感染として汚染されたカキなどの二枚貝を生で食べたりしたときに感染します。また感染している調理者や配膳者から食材や食器を介して感染することもあります。
その他、感染者の嘔吐物や便と接触したり、吸い込んだりすることで接触感染や飛沫感染、さらに空気感染を起こすこともあります。

 

インフルエンザや風邪を予防する

インフルエンザや風邪は、飛沫感染や接触感染、ノロウイルスはさらに空気感染でも感染します。インフルエンザや風邪を予防するには、正しい手洗い、こまめなうがい、周囲にうつさないためのマスクなど咳エチケットとしての配慮も大切です。

インフルエンザやノロウイルス、風邪などの予防記事一覧

インフルエンザや風邪などの予防に有効な手洗いですが、衛生面で3つのレベルに分けることができます。それではその手洗いの3つのレベルについて説明していきます。手洗いの3つのレベルには、次の3つのレベルがあります。 日常的手洗い 衛生学的手洗い 手術時手洗い日常的手洗いは、外出から帰ってきたときや食事の前などに手を洗うような洗い方で、流水のみで洗ったり、普通の石けんを使っていつものように洗う手洗いです。...

マスクは形や素材により分類することができます。不織布製のものとガーゼ製のものがあり、不織布製のものはさらに、プリーツ型・立体型・カップ型があります不織布製  プリーツ型 : 市販で最も多く販売されている形のものです。  立体型 : 立体裁断されていて顔の周りにフィットしやすい形になっています。  カップ型 : 鼻と口を覆うドーム型になっていて、密着性が高くなっています。ガーゼ型顔への密着性があり、...

ヒトに対して病原性をもつウイルスはいくつかありますが、中でもインフルエンザウイルスは、冬から春先にかけて流行し、38℃以上の高熱とともに、おしんや頭痛、筋肉痛や関節痛、全身倦怠感が急速に出てきます。インフルエンザをはじめとしたウイルスの大きさは、30~300nmほどで、電子顕微鏡を使うなどしないとその構造を見ることはできません。インフルエンザウイルスは、自身でエネルギー産生をしたり、蛋白質を合成し...