内 容

おなかもみ上げのやり方

おなかのもみ上げをすることで、内臓の調子があがり、良い姿勢がとりやすくなり、血液やリンパの循環が改善されます。そうすることで疲れが取れやすくなったり睡眠の質が向上したりしてくるのです。

 

準備段階での3つのおなかさすり

それでは、さっそく、おなかもみ上げのやり方について説明していきます。
おなかもみ上げを行うときの姿勢ですが、次のうちのいずれかで行います。

  •  椅子に座る
  •  仰向けで両膝を立てる

     

    ですので自宅でも、オフィスでも1分から2分もあればできるものになっています。

     

    onakamomiage

    準備段階として、まずはおなかを手でさすっていきます。
    図で示した1から3の場所を手でさすっていきます。

     

    1. 肋骨ののすぐ下の壁際のラインを左右同時に10往復さすっていきます。
    2. 股関節の部分のラインを左右同時に10往復、ちょうどコマネチをするようにさすっていきます。
    3. おなか全体に円を描くような形で、10回転、おなかに向かって時計回りに10回転させてさすっていきます。
  •  

    8つのエリアのもみ上げ

    おなかを手でさする準備段階が終わったら、いよいよ8つのエリアを、もみ上げていきます。

    onakamomiage

    図で示した部分が、それぞれ関係している主な内臓です。
    8つのエリアを押していって、痛かったり硬くなっている部分が疲れている部分になりますので、ここを重点的にもみ上げていきます。

    onakamomiage

    実際に、おなかもみ上げをする8つのエリアのポイトは、ヘソから指4本分移動した場所になります。
    ちなみに、3と5は、肋骨近くになるはずです。

    onakamomiage

    押し方のポイントは、押す順番は、1から8まで番号の順に沿って押していきます。
    両手の人差し指・中指・薬指の3本を揃えた状態で、小指は自然に添えるような感じで押していきます。
    押す強さは、指の第一関節まで隠れるくらいの感じで押します。
    おなかはデリケートな部分です。痛すぎないように注意しましょう。

    おなかもみ上げ(基礎編・上級編)

    おなかもみ上げ(基礎編)

    おなかもみ上げの基礎編として、押していって痛かったり、硬かったりした部分について、おなかもみ上げを行っていきます。
    まずは基礎編として、押した状態で中を軽く揺さぶるイメージで上下に揺さぶってみます。
    1から8までの部分を押していった時の要領で、指の第一関節まで隠れるくらいの感じで押した状態から、中を軽く揺さぶるイメージで上下に揺らしてみます。

     

    おなかもみ上げ(上級編)

    上級編として、押した状態で中を円を描くように揺さぶるイメージで刺激をします。
    指の第一関節まで隠れるくらいの感じで押した状態から、そのままぐるぐると回す感じで、おなかに向かって時計回りに回して刺激をします。
    上下に揺らす時とくらべて1.4倍の刺激が得られると言われています。

     

    1セット、時間としてだいたい1分から2分程度行うと良いでしょう。
    1日のうちに何回やってもOKですが、お風呂上りから寝る直前までの間がベストタイムです。

     

    おなかもみ上げのやり方・動画でのまとめ

    おなかもみ上げの方法について、わかりやすく動画でもまとめてみましたので、ご参考にしてください。

     

    なお、こちらはテレビで紹介されていたもので、具体的な内容については、1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ をご覧ください。

     

    関連ページ

    のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
    健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
    認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
    認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
    雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
    健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
    加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
    ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
    腰痛を劇的に改善する珍体操
    股関節がスムーズに動かないことで腰に負担がかかって起こる股関節腰痛のチェック法、改善法について解説します。
    ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
    ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
    健康経営の考え方
    少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
    ヒザ裏を伸ばしてヒザ痛・腰痛に効くエクササイズ
    ヒザ痛や腰痛に悩まされている人は、その原因がヒザ裏の固さにある場合があります。前屈して手が床につかない人は、特にヒザ裏をやわらかくすることが大切です。
    お尻歩き・お尻ぐりぐりで骨盤矯正し体をやわらかく
    体が柔らかい人の多くは、血管年齢が若いことが判明しています。体が固い場合は、骨盤がずれていたり、骨盤のまわりが固くなっている場合が多いのですが、お尻歩きやお尻ぐりぐりをすることで柔らかくすることができます。その方法をご紹介します。
    スタンフォード式疲労回復法
    IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
    肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
    多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
    脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
    桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。