内 容

コーヒーの主な効果(エビデンスを検証)

珈琲にはいろいろな健康効果に対する研究が行われています。
最近は、健康ポータルサイトなどで、エビデンス(科学的根拠)が問題視されています。
そこで、珈琲について、日本医師会・日本薬剤師会・日本歯科医師会が総監修している『健康食品・サプリメント[成分]のすべて 2017 ナチュラルメディシン・データベース(オンラインデータベースつき)』で調べてみると次のようになっています。

coffee

●おそらく効果あり(評価の高い文献が、数百~数千の患者において実施した2つ以上の無作為化比較試験などで有効としている)

*精神覚醒(カフェインによる睡眠不足後の覚醒増強)


●断言できないが効果の可能性が科学的に示唆されている(評価の高い文献が1つもしくは2つの臨床試験において効果を示唆している)

*結腸・直腸がんのリスク低減(1日3杯以上毎日飲むと、統計学的に結腸がんリスクが有意に低減)
*食後の低血糖が原因となる高齢者のめまい予防
*パーキンソン病の予防又は抑制(カフェイン含有飲量を飲む人は、パーキンソン病のリスクが低い)
*胆石の予防
*2型糖尿病のリスク低減(日本の成人で、1日2~3杯珈琲を飲む人は、1日1杯以下しか飲まない人に比べ2型糖尿病発症リスクが42%低い)


●効果がないかもしれない(評価の高い文献で効果が認められておらず、1つのヒト試験で否定的結果がでている)

*食道・意・結腸がんリスク低減
*乳がんリスク低減


安全性

安全性については、古くより食習慣があるもので安全なのですが、1日の摂取量がカップ6杯を超えると、カフェイン中毒のリスクも出てきて、不安や同様などの症状が現れることがあります。

健康食品・サプリメントのエビデンスを調べるための書籍

医師・薬剤師・歯科医師等の専門家向けですが、一般の人もわかるように作られています。

珈琲関連の記事

コーヒーの効能のエビデンスを考える記事一覧

鉄剤はお茶や珈琲では飲むなというが、それは知識として認識しておいて、吸収される鉄の量は、実際には一緒に飲んでしまってもさほど変わらないし、少なくとも鉄剤の鉄の量は多いのでさほど問題にはならないという専門家もいます。。参考:ステーキを食べながら、珈琲は飲むな