内 容

股関節腰痛とは

 

ためしてガッテンで、『腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP』ということで、股関節腰痛に注目して、そのチェック法と改善法についてご紹介されていました。

 

股関節腰痛とは、股関節がスムーズに動かないことによって起こってくる腰痛のことを言います。

 

腰痛には、いろいろな原因がありますが、股関節の不具合によって起こる股関節腰痛があります。
股関節腰痛は、股関節がスムーズに動かないことによって、それを補うためにより重い負荷が腰にかかってしまい、腰に負担がかかって腰痛になってしまうというものです。

股関節腰痛をチェックする四つん這いチェック法

普通に座っているときや立っているときは別に猫背でなくても、あることをすると猫背になる人がいます。
こういった人たちが、股関節腰痛になりやすい人、リスクが高い人ということになります。

 

それでは、まずはチェック法から見ていきましょう。

 

 

股関節腰痛をチェックする方法は簡単です。

 

まずは、腕と太ももを地面に対して垂直になるようにして四つん這いになります。

 

四つん這いになったら、そこからゆっくりとお尻を後ろに下げるようにして引いていきます。
お尻がふくらはぎにつく手前ぐらいまで引いていきます。

 

このときに、お尻がスムーズに引け、背中がほぼ平であれば正常ですので問題ありません。

 

しかし、背中が丸く猫背になっていると、股関節の動きが悪いため、股関節腰痛の可能性、あるいは将来的に股関節腰痛になる確率が高いと言えます。
もし、猫背になってしまったら、股関節腰痛を疑うサインがでていると考えられます。

 

股関節がスムーズに動かないと、背骨に2倍もの負荷がかかると言われています。

 

どうして股関節の動きがスムーズでないと、四つん這いでお尻を後ろに引いた時、猫背になってしまうかは、骨格の骨組みだけをみてみると、理解できます。

 

股関節がスムーズに動く場合は、上手く対応ができるため背骨に負担がかかりませんが、股関節がスムーズに動かない場合は、その分の負担が背中にかかり、体勢の帳尻を合わそうとするため、背骨が猫背になってしまうというわけです。

 

股関節をスムーズにするパカパカ体操

 

 

椅子に腰かけ、リラックスします。
そして肩幅ぐらいに足を開いて、つま先を正面に向けて座ります。

 

その形から、ひざをゆっくり開いたり閉じたりを繰り返していきます。
スピードは特に決まりはありませんが、力を抜いてリズミカルに行います。

 

10回を1セットとして、1日2セット行うと良いでしょう。
股関節や腰に痛みが出る場合は、無理をしないようにします。

パカパカ体操をやるとどうなるのか

 

私たちが足腰を動かすとき、足腰にある大きな筋肉が動きます。
骨盤はこれらの筋肉によって囲まれていますが、その内側には、インナーマッスルがあり、これが、椅子に座って足を開いたり閉じたりする時に使われます。

 

骨盤の近くにある主な筋肉

 

骨盤の周りには、足腰を支える大きな筋肉がいっぱい集まっています。

 

大殿筋

股関節の伸展と外旋のときに使われる筋肉です。

 

中殿筋

股関節の外転に関与し、歩くとき、接地側の足で体重を支えるのに必要な筋肉です。

 

小殿筋

股関節の外転に関与し、歩くとき、接地側の足で体重を支えるのに必要な筋肉です。

 

腸腰筋

股関節を曲げるときに使われる筋肉です。

 

こうした筋肉の内側に、股関節の外旋、つまり椅子に座って足を開いたり閉じたりするときに使われる回旋筋群というものがあります。

 

これらの筋肉は、大きな大殿筋などの筋肉が働くため、サボりやすい筋肉と言われ、あまり鍛えないでいると、股関節がスムーズに動きにくくなってしまいます。
パカパカ運動を行うことで、これらの筋肉が伸び縮みし、股関節の動きをスムーズにしていきます。その結果、股関節腰痛を改善していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
健康経営の考え方
少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
ヒザ裏を伸ばしてヒザ痛・腰痛に効くエクササイズ
ヒザ痛や腰痛に悩まされている人は、その原因がヒザ裏の固さにある場合があります。前屈して手が床につかない人は、特にヒザ裏をやわらかくすることが大切です。
お尻歩き・お尻ぐりぐりで骨盤矯正し体をやわらかく
体が柔らかい人の多くは、血管年齢が若いことが判明しています。体が固い場合は、骨盤がずれていたり、骨盤のまわりが固くなっている場合が多いのですが、お尻歩きやお尻ぐりぐりをすることで柔らかくすることができます。その方法をご紹介します。
スタンフォード式疲労回復法
IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。
内臓の疲れをとるおなかもみ上げ
内臓が疲れてくると姿勢が悪くなり体全体も疲れやすくなってきたり、質の良い睡眠がとれなくなってきたりします。内臓の疲れをとる方法の一つとして話題になっている『おなかもみ上げ』について簡単に解説してみました。
たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ
金スマでもご紹介されていた『たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ』のやり方について解説します。