内 容

骨盤矯正のためのお尻歩き

  1. 両足を伸ばして座ります。
  2. 腰を前後に動かしながらお尻で歩くように前に進みます。ちょうどお尻の骨で歩く感じで行います。
  3. 目安で20歩ぐらい前に進んだら、今度はその分お尻歩きで後ろに戻ります。
  4. これを3分間続けて行います。

ヨガ・ティラピスインストラクターのHakoさんのお尻ぐりぐり

体を柔らかくするお尻ぐりぐりの方法についてご紹介します。

 

このお尻ぐりぐりをすると、骨盤の周りの筋肉が刺激され、柔らかくなります。
体が柔らかくなることで、前屈もスムーズにできるようになります。

 

  1. まず、お尻ぐりぐりのやり方は、まずはお尻に力を入れた時にできるくぼみを見つけます。
  2. くぼみが見つかったら、オモチャのゴムボールをそのくぼみのところに当てます。オモチャのゴムボールがなかったら、ゴルフボールにタオルを巻いても良いでしょう。
  3. お尻にボールを当てた状態でボールの上に座ります。
  4. そしてゆっくりと体重をかけて左右に20秒間グリグリとします。力加減は、いた気持ちくらいが丁度いい強さになります。

骨盤矯正のためのお尻歩き

骨盤矯正のためのお尻歩きの方法についてご紹介します。

 

  1. まずは両足を伸ばして座ります。
  2. 次に腕を前後に動かしながら普通に歩くようなスピードで左右のお尻を交互に上げて、お尻で歩くようにして前に進んでいきます。
  3. 20歩くらいを目安に前進したら、今度はそのまま前進したときとは逆の要領で、前に進んで分、お尻歩きで後ろに下がっていきます。
  4. これを3分間続けて行います。

※行なうときは、つま先が開かないように気をつけます。

関連ページ

のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
腰痛を劇的に改善する珍体操
股関節がスムーズに動かないことで腰に負担がかかって起こる股関節腰痛のチェック法、改善法について解説します。
ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
健康経営の考え方
少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
ヒザ裏を伸ばしてヒザ痛・腰痛に効くエクササイズ
ヒザ痛や腰痛に悩まされている人は、その原因がヒザ裏の固さにある場合があります。前屈して手が床につかない人は、特にヒザ裏をやわらかくすることが大切です。
スタンフォード式疲労回復法
IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。
内臓の疲れをとるおなかもみ上げ
内臓が疲れてくると姿勢が悪くなり体全体も疲れやすくなってきたり、質の良い睡眠がとれなくなってきたりします。内臓の疲れをとる方法の一つとして話題になっている『おなかもみ上げ』について簡単に解説してみました。