内 容

ヒザ裏伸ばしで、ヒザ痛も腰痛も改善

よく体の柔軟性を試験するのに、前屈をすることがあります。
体が硬い人だと、前屈したときに手の平どころか、指先すら床につきません。

 

人間の基盤となるのは足で、その足の一番中心になるのはヒザの裏です。
そのヒザの裏が硬くなって曲がってくると、体全体が歪んできてしまいます。
だから、曲がったヒザを伸ばしてあげれば、骨盤が立って背中が伸びて、腰痛改善につながります。

ヒザ裏エクササイズ

 

ヒザ裏を柔らかくする3つのエクササイズ

 ワンツースリー体操
 壁ピタドローイン
 壁ドンストレッチ

一つ一つについて、説明していきます。

ワンツースリー体操

催眠術

  1. 足を大きく広げ、背中を伸ばし、息を吐きながらお尻を落とす。
  2. 太ももを3回叩く。 ワン ツー スリー
  3. 息を吸って背中を伸ばして、お尻を3回叩く。 ワン ツー スリー

催眠術

 

体を上下することで、骨盤を支える筋肉を鍛えます。
まっすぐ上下に動かすことがポイントです。
弱った腹圧が回復し、その結果、背骨が伸び腰痛改善につながります。

壁ピタドローイン

壁ピタドローイン

  1. 壁にかかと、腰、背中、後頭部をつける。手のひらも上に向けてつける。
  2. つま先は90度開き、ひざは内側に寄せる。
  3. 最後におへそを壁側に寄せて5秒数える。

体を壁につけることで背骨を一直線に伸ばすと、頭からかかとまで全身の筋肉に力が入り、体幹が鍛えられます。

壁ドンストレッチ

壁ドンストレッチ

  1. 壁に肩幅で両手をつく。目線はまっすぐ。
  2. 足を前後に開いて、後ろ足の膝をのばす。かかとはつけること。
  3. ゆっくり5回壁を押して、最後に5秒間止める。

これが1番大事なストレッチです。

壁ドンストレッチ

両手で壁を押しながら、ヒザを伸ばします。
すると背中や体幹に力が入り、背筋や腹筋が同時に鍛えられ、姿勢が良くなります。
1日3分、2週間継続で、改善が期待できます。

 

ヒザの痛みがわずか1分で改善 (ヒザ枕体操)

3つのエクササイズ以外に、ヒザ枕体操をご紹介します。

hizamakura1

  1. ヒザを曲げて、ヒザの下に枕を入れます。
  2. ヒザを曲げた状態からゆっくりと伸ばして、枕を押し付け足首を上に上げます。
  3. 伸ばした状態で5秒間キープします。

ポイントおしりを浮かさないことと、ゆっくりヒザを伸ばすことです。
また、大腿四頭筋(太もも)が硬くなっていることを確認します。

 

1日5回×10セットを目安として行ないます。
無理のない範囲で行うようにします。

 

関連ページ

のどを鍛えれば、肺炎の予防になる
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
認知症予防・改善に実績があるコグニサイズ
認知症の予防・改善につながるとして、テレビや雑誌でも注目をされているコグニサイズについて説明していきます。
雨の日も、テレビをみながらできる有酸素運動、スローステップ健康法
健康・美容のホットなトピックスを取り上げ、解説していきます。
加齢による転倒リスクを減らす神経びんびん体操
ためしてガッテンで体の動きは筋肉を支配している神経の働きをよくすることが大切であるという研究が紹介されています。
腰痛を劇的に改善する珍体操
股関節がスムーズに動かないことで腰に負担がかかって起こる股関節腰痛のチェック法、改善法について解説します。
ヒルドイドの有効成分、ヘパリン類似物質とは
ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は、角質の水分保持作用に優れていて、皮脂欠乏症(乾皮症)の治療に用いられます。美容目的にはヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品があります。
健康経営の考え方
少子高齢化社会となり、ますます健康経営のあり方が注目されてきています。健康経営について、従業員と企業それぞれの視点におけるメリットなどをまとめてみました。
お尻歩き・お尻ぐりぐりで骨盤矯正し体をやわらかく
体が柔らかい人の多くは、血管年齢が若いことが判明しています。体が固い場合は、骨盤がずれていたり、骨盤のまわりが固くなっている場合が多いのですが、お尻歩きやお尻ぐりぐりをすることで柔らかくすることができます。その方法をご紹介します。
スタンフォード式疲労回復法
IAP呼吸を取り入れたスタンフォード式疲労回復法をご紹介します。
肩こり・腰痛に良い猫のポーズのやり方の動画解説
多くの人が悩む肩こりや腰痛に良く効く猫のポーズを、わかりやすく動画解説しました。
脂肪も糖質も燃焼させるスロースクワットと3つの筋肉
桃色筋肉を鍛えて脂肪や糖質を燃焼させるスロースクワットの方法を動画で紹介するとともに、遅筋(タプ1)・速筋(タイプ2a)・速筋(タイプ2b)の3つのタイプの筋肉について解説します。
内臓の疲れをとるおなかもみ上げ
内臓が疲れてくると姿勢が悪くなり体全体も疲れやすくなってきたり、質の良い睡眠がとれなくなってきたりします。内臓の疲れをとる方法の一つとして話題になっている『おなかもみ上げ』について簡単に解説してみました。
たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ
金スマでもご紹介されていた『たった5分で食後の血糖値を下げるエクササイズ』のやり方について解説します。